メシマコブは中国で古くより漢方薬として使われています

メシマコブは中国では古くより「桑黄(そうおう)」と呼ばれてきました。

メシマコブは昔から煎じ薬の漢方薬として利用されており、「神農本草経」にそれが記載されています。

内容は「久服軽身不老延年」とあり、「長年煎じて飲めば体が軽くなる、不老長寿」の薬と説明しています。

また、「本草網目」「中国大辞典」「中国薬用真歯」「東洋医学大辞典」などに記述されているメシマコブの効用としては、血尿、渋り腹、陰茎痛、脱肛、下血、過労、月経不順、悪血、リンパ腫、子宮不正出血、排尿異常、鼻血、顔面黒しみ、胃痛、下痢などの様々な症状に良いとされています



posted by りん at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | メシマコブについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。