メシマコブは、韓国で医薬品になりました

メシマコブの研究として日本での国立ガンセンター研究所の池川博士のグループと東京大学の柴田研究室の研究論文が発表され、そのメシマコブの研究結果に触発されて、韓国では国をあげてメシマコブの製剤化に取り組み、成功しました。

メシマコブのプロジェクトでは、人工栽培ではなく菌糸体培養の方法をとられました。

メシマコブは菌株により薬効に大きな差があるため、世界各国からメシマコブを集め、その中から韓国より採取した2種類の菌株に高い抗ガン作用を発見し、「PL2」「PL5」と命名し、それを標準株にすることにしました。

しかしながら、メシマコブの人工大量培養の技術を確立するために10年の歳月を費やしました。

韓国新薬は、メシマコブの培養菌糸体PL2、PL5の熱水抽出物から「メシマキャプセル」という医薬品を開発、 1993年に韓国厚生省より医薬品としての許可を受けました。

このメシマコブの研究結果に対し、1998年に韓国のノーベル賞にあたる「茶山賞」を韓国新薬と基礎研究にあたったユウ先生に送られています。



posted by りん at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | メシマコブについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。